プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大戦後のBMW:ある試み

1945年無条件降伏したドイツの企業は苦労をし今日戦前以上の復興をしているところが多いようです。BMWも敗戦の余波をまともに受けました。そんななか1955年に発売されたのがBMWを経営難から救ったと言われているBMWイセッタ。もともとはイタリアのイソ社がスクータエンジンを搭載して開発した小型車でBMWがライセンス生産したものです。BMWはバイクの名門で部品の技術がたかく、品質も良かったのでこの車は一世風靡する事になりました。最初は260ccの小さな車です。その後300、600へと進化しました。ちなみにBMWはBayerische Motoren Werke AGの頭文字からきています。『バイエルンのエンジン工場』会社ということですか。1916年設立当初は航空機のエンジンを製造。

お台場のヒストリーガレージで展示されています。下図はイセッタ300↓ 
ステアリンングがある前面がドアになっていて2人乗りです。エンジンは295cc、空冷単気筒、15PS、最高速度85Km/h。
IMG_0610_1_2_tonemapped.jpeg

その後の拡張モデルでBMW600がありますが、これも相当の人気があったようです。下図の写真はBMW Magazineに掲載されていた写真です。アルゼンチンの小さな町の片隅に放置されていた車を再生させた連中とBMW600。
BMW600は2ドアで4人乗り。エンジンは2気筒592cc。19.5PSで最高速度103Km/h。
IMG_1922.jpeg

このBMW600をベースに大衆車BMW700が作られました。1933年からずっとBMWのシンボルでもあるキドニーグリルはこの一連のイセッタシリーズでは使われていません。BMW303から現在まで形は変わっても相当のこだわりでこの基本デザインは引き継がれています。
Bmw_front_bmw2002.jpg  25576591v1306253129.jpg

(ウキペディアから。)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。