プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花と箱根登山鉄道

梅雨の半ば、江の電の他にもう一つ注目していた箱根登山鉄道と紫陽花の風景を楽しんできました。
箱根登山鉄道は湯本から強羅まで15kmを約40分かけて運行しています。驚くべきはその勾配で1000分の80にもなり
日本でも最大の勾配だそうです。これは15mの車輌の両端の高低差が1m位の勾配です。通常の粘着力方式(これ以上だと3線アプト式等の方式が必要)ではほとんど限界と言われている勾配を力強く登っていきます。
途中名物のスイッチバックや山にそって軌道を設けたため最小半径30mという急カーブを走ります。レールの摩耗を防ぐために水をまいて走ります。
登山電車には四種類のブレーキがあります。車輪の回転をとめる電気ブレーキ、空気ブレーキ、手動ブレーキのほかに、空気の圧力で特殊な石をレールにおしつけて、電車をとめるレール圧着ブレーキも取り付けられ安全性を高めています。

強羅駅で見かけたモハ2型の108。
IMG_3480_1_2_tonemapped.jpeg

宮ノ下駅に入ってくるモハ1型103。急カーブなので後ろの車輌も見えます。土手にあじさいが咲いています。
IMG_3490_1_2_tonemapped.jpeg

同じ場面で新しいモデルのモハ2000系
IMG_3499_500_501_tonemapped.jpeg


宮ノ下で車輌交換をする強羅行きの電車クモハ1000と箱根湯本行きモハ1の107。
IMG_3502_3_4_tonemapped.jpeg

社内から撮影したので少し見ずらいですが、早川橋梁を渡る登山電車。沿線のなかでも絶景区間です。電車はここをゆっくり走ります。前のトンネルの出口が下の方に見える位の勾配です。(下の方に明るいところが見えますがそれが出口です。)
IMG_3511.jpeg

雨が降ってあまりいいコンディションではなかったのですが、紫陽花が綺麗で電車の赤色とマッチしていました。

なおこの登山鉄道はスイスのレイテッシュ鉄道をお手本に設計されたそうで今でもレイテッシュ鉄道と友好鉄道提携を結んでいます。有名なプルージオのループ橋を下ってきたベルニナ急行。
Picswiss_GR-87-23_Kreisviadukt_(Viadotto)_in_Brusio.jpg
RBHのホームページから。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。