プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイーンフィルニューイヤーコンサート2012

今年も例年通りNHKでウイーンフィルのニューイヤーコンサートが放送されました。

home_wph_orchestra_2009.jpg

昨年はオーストリア出身のフランツ・ウェルザー・メストで生粋の、あえて言えばウイーン訛のシュトラウスを奏でていたニューイヤーコンサート2011でしたね。

今年はラトビア(旧ソビエト連邦)出身のマリス・ヤンソンス指揮でひと味違ったコンサートになりました。NHKの番組の解説でもありましたが、幾つかの新しい構成が見られました。

1) 最初の3曲はウイーンフィルにとっての初演のシュトラウスのワルツ。いわば新曲。最初の曲ではラデッキー行進曲のメロディーがいきなり出てきてあれもう始まったばかりなのに終わり?という感じがしましたね。オーストリア帝国国歌のメロディー等も出てきます。
2) ウイーン少年合唱団の14年ぶりの参加によるTritsch-Tratsch (Chit-Chat)“ポルカなど。
3) デンマークのシュトラウスと言われたロンビのコペンハーゲンレイルウエイスチームギャロップの披露
(鉄道好きな私にはちょっと得をした気分。)
4) ニューイヤーコンサートに初お目見えのチャイコフスキーの作品『眠れる森の美女などのテーマを基にして』
5) Eduard Strausのカルメンのカドリーユ:カルメンの有名な曲が目白押し。
6) 指揮者ヤンソンスの金床の演奏も交えたウイーン少年合唱団との鍛冶屋のポルカ(少しテンポがずれていた?)

などなど、大変楽しめる内容になっていましたね。ヤンソンスの指揮は2回目だそうで、チャイコフスキーなど新しい試みを盛り込んだ彼の演出はニューイヤーコンサートの中興の祖であったヴィリー・ボスコフスキーが観客を楽しませた原点に戻ったような楽しいものでした。ウイーンフィルの連中もヤンソンスとは相性がいいようですね。ニューイヤーコンサートの指揮者の選考にはウイーンフィルメンバーの意向が相当効いているようですから。2回目というのは気に入っているという事でしょうかね。

今年のプログラムです。下の写真は指揮者のマリス・ヤンソンス
njk12510v02.jpg
スクリーンショット(2012-01-06 16.29.52)

アンコール:
1) チックタックポルカ:オペレッタ『こうもり』からロザリンデとアイゼンシュタインによる時計の二重唱「あの上品な態度」やアデーレのアリアなどのメロディーがちりばめられているポルカ
2) ウイーンフィルからの正月の挨拶
3) 美しく青きドナウ
4) ラデッキー行進曲

ロンビのコペンハーゲン鉄道蒸気機関車ギャロップ(Copenhagen Eisenbahn Damf Galoppの場面で使われていた動画をクリップしました。オーストリア、チロル州の110年の歴史を持つアーヘンゼー・アプト式SL鉄道の動画でデンマークとは直接関係がありませんが、この登山鉄道でイエンバッハの町から45分で直接アーヘンゼー湖のゼーシュピッツの浅橋へ行くことができるとこの鉄道のホームページに説明がありました。この曲がチロルの景色に妙に似合っています。
URL → Achensee Dampf-Zahnradbahn
スクリーンショット(2012-01-06 17.23.52) スクリーンショット(2012-01-06 17.21.14)

スクリーンショット(2012-01-06 17.21.35) スクリーンショット(2012-01-06 16.36.23)

アンコールで演奏された恒例のラデッキー行進曲(動画)


ところで2006年のヤンソンスの1回目のニューイヤーコンサートで演奏された電話ポルカの面白い動画を見つけましたよ。曲の最後にご注目。『演奏中は携帯電話の電源をお切りください』という話は常識なマナーですよね。ところが...



ニューイヤーコンサート2013は再びフランツ・ウェルザー・メスト(2011指揮者)に決定していますね。座席も抽選で手に入るかもしれませんよ。

もうひとつ、ビデオにジュリー・アンドリュースが映っていました。下記ビデオ参照。

Watch From Vienna: The New Year's Celebration 2012 on PBS. See more from Great Performances.





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。