プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

銚子電鉄:デキ3小型電気機関車物語と路線風景

4月7日、銚子電鉄で催しがありました。銚子電鉄が所有する1067mmの日本の軌道では一番小さい電気機関車デキ3の誕生90周年記念のイベントです。この機関車は1922年ドイツのアルゲマイネ社(AEG)で製造されました。全長が4.5m程の凸型機関車です。銚子電鉄では仲ノ町車庫に保管され、動態保存されています。確か前の写真ではヒューゲル型の集電装置がついていたはずですが今回は昔懐かしいトロリーポールが取り付けてありました。今回の催しでは特別に保守用のピットから下部機構を見ることができました。かなり錆び付いて齢を感じましたが、丹念に整備されていました。さて催し会場の仲ノ町車庫は駅舎の隣にあります。駅舎も質素なもので、その横にあるトタン葺きの小屋が本社だと聞いてびっくり(!)でした。
IMG_6158_59_60_tonemapped.jpeg IMG_6167_8_9_tonemapped.jpeg
左上:デキ3電気機関車、右上:仲ノ町駅舎

デキ3生誕90年を記念して車体には卒寿のパネルが掲げてありました。
IMG_6161_2_3_1tonemapped.jpeg

下の写真を見てください。長さが4.5メートルそこそこの大変小さな機関車であることが分かりますね。
IMG_6155_6_7_tonemapped.jpeg

You Tubeにこの銚子電鉄のデキ3の歌がアップロードされていました。子供向けの歌のようですが。。


銚子電鉄の仲ノ町車庫はちょうどヤマサ醤油の工場の裏側に位置しています。昔は醤油工場にも引き込み線が入っていてできたての醤油を運搬していたそうですね。
IMG_6140_1_2_tonemapped.jpeg

さて銚子電鉄はぬれ煎餅で有名です。なにしろ電車の整備費用が出ないのでぬれ煎餅を売り出し費用をまかなった所煎餅そのものに人気が出たという話ですから。JRで銚子まで東京から約2時間。それほどは都区内のですが、ローカル色豊かな路線でした。銚子の駅で京王電鉄で使用されていた車輌が待っていました。ここから外川まで約20分の小旅行です。
IMG_6065_6_7_tonemapped.jpeg

犬吠岬の灯台に近い『犬吠』駅には廃車された車輌がおかれていました。昔はレストランを営業していたそうですが今は休業中です。
IMG_6089_90_91_tonemapped.jpeg IMG_6107_8_9_tonemapped.jpeg

銚子から20分程で終着駅の外川に到着しますが、そこには古い車輌が止まっていました。乗車してきた元京王電鉄の電車と並んだ様子を撮影しました。又途中駅の笠上黒生(かさがみくろはえ)駅の駅舎も覗いてみました。
IMG_6080_1_2_tonemapped.jpeg IMG_6077_8_9_Mods-1tonemapped_edited-1.jpeg
左上が外川駅ホーム、右上の写真は途中駅の笠上黒生駅の駅舎です。

犬吠で銚子行き電車を待っているとなんと昔の営団地下鉄の丸の内線の電車が入ってくるではありませんか。都心とは違ってのどかな風景の中をゆっくり走ってきます。ここで第二の人生を送っていたのですね。
IMG_6128_29_30_tonemapped.jpeg

電車に乗りがてら銚子港で水揚げされた新鮮な海鮮料理も堪能できました。いい日和でゆっくり一日が過ごせました。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント