プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れてやって来た蒸気機関車:幻の国鉄C63型

今回は知る人ぞ知る幻の蒸気機関車C63のお話。C62は国鉄で最大の旅客牽引用の蒸気機関車で特急列車などの上級列車の牽引を受け持ちました。しかしその大きな馬力と車体の関係で幹線のみの運用となり、国鉄としては新たに汎用的な機関車の必要性がありました。今までは、C51、C57やC58などが受け持っていた用途に対して新しい機関車を投入する計画を作ったのです。これがC63型機関車です。この決定が1955年。この計画に従って設計段階を終えました。

実は国内での蒸気機関車の開発はもう終了するという大きな決定が1950年になされていたのでした。にもかかわらずなぜこのC63が新規設計製造される計画が出来上がったのか?ここがこのC63機関車の悲劇の始まりであったと言えなくはないのですが。

この時期国鉄は蒸気機関車から電気機関車やディーゼル機関車への遷移を計画していました。それが1950年の決定です。しかし1955年頃はまだ新しい機関車の技術やローカル線の電化などがまた進んでいない状況でした。ただC51などの蒸気機関車は老朽化が進み戦後の需要が増えるとともに機関車不足が大きな問題になりつつありました。したがって妥協の産物として新しい蒸気機関車を建造する事に至ったのです。

1956年に設計が完了し製造を始めるまでになりましたが、機関車需給バランスの見直しがあり、C63の製造は少し様子を見ることになったのです。そうこうするうちに電気機関車やディゼル機関車などの技術が確立、電化などのインフラも整っていき、また基本的には上記の蒸気機関車の開発終了の決定もあり、総合的な結論としてとうとう一両も製造されずに終わってしまったのです。

まさしくC63は時代の波に翻弄されてしまったのです。後から見れば、もともと設計に着工する事に無理があったのでしょう。

下図は日本国有鉄道蒸気機関車設計図面集の表紙裏に掲載されたC63型機関車の設計図です。
C63-1.jpeg

京都の梅小路蒸気機関車館にはC63の一号機のナンバープレートが保存されています。
300px-ナンハ#12441;ーフ#12442;レートC63

実機は一両もありませんが後年国鉄の郡山工場(郡山車両基地)で1/5のライブスチームが制作されています。その模型は現在JR東日本の郡山駅に展示されているようです。また設計図が残っているため鉄道ファンによって模型化されています。

下の写真は鉄道模型メーカーのマイクロエースが模型化したNゲージ車両です。
C63-1模型2

本物は幻で終わったのですが、鉄道ファンは模型でC63を実現させ、とうとう産声を上げなかった機関車に思いを馳せているのです。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。