プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカル線の旅:小湊鉄道

千葉県の五井から上総中野駅まで約40キロの区間を小湊鉄道のディーゼルカーが走っています。東京から近いこともありアクアラインを通って2時間も車で走ると自然豊かな景色のなかをのんびり走る列車に会うことが出来ます。ただし、列車の本数は1時間に1本程度なので、アングルを変えたり撮影地を移ったりすると上下の列車の写真を撮るのは相当時間がかかります。そこで今回はまるでトトロの森(本当は狭山丘陵あたりなのですが)を走っているような景色の上総大久保駅と、イスミ鉄道と小湊鉄道が乗り入れている上総中野駅を撮影場所に選びました。車両はキハ200型の気動車です。

上総大久保駅を出発して右カーブに向かう上り列車。沿線の花が綺麗ですね。
IMG_7194-1.jpeg

駅にまさに到着しようとしている下り上総中野行き。駅舎では近所の小学校の児童が描いたトトロがお出迎えします。小さな無人駅です。今はシーズンオフなので乗客もまばらです。桜の季節、菜の花と桜の下をゆっくり走る風景が人気です。
IMG_7239_40_41_tonemapped.jpeg

IMG_7215.jpeg IMG_DSC01993上総大久保駅

紫陽花の咲いているプラットフォームに入ってくる上り五井行きの列車。
IMG_7278_79_80_tonemapped.jpeg

緑のなかを走ってくる上り列車。梅雨の合間だったので緑がとても綺麗です。
IMG_DSC01998-2_convert_20120716134500.jpg

大久保駅を養老渓谷駅方面に少し進んだ所にある養老川に架かった鉄橋。結構高さがありました。
IMG_7302_3_4_tonemapped.jpeg IMG_7299_300_301_tonemapped.jpeg


以下の写真は終着駅上総中野にて。ミラー映る夕暮れの中の駅の景色。
IMG_7434_5_6_tonemapped.jpeg

最終の下り列車が近づいてきます。この列車が最終の折り返し上り列車になります。線路がぐにゃぐにゃしているように見えますね。
IMG_DSC02020上総中野1

イスミ鉄道の車両とそろい踏みの小湊鉄道登り最終列車。
IMG_7479_80_81_tonemapped.jpeg

左下は車両に描かれたイスミ鉄道のシンボルマーク、ムーミン。右は上総中野駅の駅舎。ここも無人駅です。
IMG_7458.jpeg IMG_7428_29_30_tonemapped.jpeg

これらの駅の近くには養老渓谷や少し山道に足を伸ばすと麻綿原の紫陽花の名所もあります。付録の写真を少し。

左下の写真は養老渓谷の遊歩道。渓谷では鮎釣りをしている人が沢山見かけました。右下の写真は弘文洞跡。以前は人工のトンネルでしたが、昭和54年上部が崩壊し、切り通しの景観になったそうです。
IMG_7335_6_7_tonemapped.jpeg IMG_7347_8_9_tonemapped.jpeg

麻綿原の紫陽花。山いっぱいに紫陽花が咲いているのは圧巻です。天拝園妙法生じ寺(紫陽花寺)の住職が植樹したとか。ただしヒルなどには注意が必要ですね。そうそう養老渓谷から麻綿原に向かう狭い道で車の前を横切るお猿さんに出くわしました。
IMG_DSC02013+1_convert_20120716151133.jpg IMG_7404_5_6_tonemapped.jpeg

一日中ゆっくり散策を楽しめます。のんびりとした千葉ローカル線の旅でした。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。