プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の科学で遊ぶ:2気筒の蒸気エンジン

学研から発行されている「大人の科学」にはよく考えられた付録がついてきます。というか付録が本体のような雑誌です。今回試したのは2気筒の蒸気エンジン。この蒸気エンジンはオッシレーティングエンジンと呼ばれている物で、私の趣味の中では1気筒の物を使用したHOゲージの超小型蒸気機関車があります。HOライブスチームの運転

今回はそのオッシレーティングエンジンを2気筒備えたモデルでそれぞれのエンジンの対向角度を変える事が可能です。Vツイン蒸気エンジンと呼ばれています。

左側が梱包されたもの。右が梱包から取り出した部品です。
DSC02221.jpeg DSC02222.jpeg


左下は一番重要な蒸気エンジンのシリンダーです。この中に蒸気弁が内蔵されています。右下はボイラー。上に2個のポートがありますが、一つはエンジンへの蒸気供給口。もう一つはボイラーへの給水口兼安全弁取り付けポートです。
DSC02223.jpeg DSC02224.jpeg


組立は案外簡単で、30分程度で組み上がります。左下は各々の部品を設置台に取り付けた所。右側は蒸気を通すシリコンチューブを配管した状態です。
DSC02228.jpeg DSC02232.jpeg

アルコールランプで熱せられた蒸気はシリコンチューブを通って2系統に分けられそれぞれの蒸気シリンダーに流されます。少し気密性が悪いのと、シリコンチューブを蒸気が通るときに熱を奪われるので効率はまあまあです。シリンダーを180度対向させるとバルブの位置関係で蒸気が一番効率よくエンジンに供給されると思うのですが、エンジンが死点にあると回転しないので少し回り方がよくなかったようです。写真に示した対向角度あたりがちょうどいい負荷になるようですね。雑誌にはこのエンジンのパワーアップなどについての改造記事が載っています。

下の動画は運転状況です。


小型のプーリーが回転軸に取り付けられているのでそこから動力を外に引き出す事が可能です。前述のHOライブスチームではギアを通して車輪をまわしていました。このエンジンでは小型のモータを取り付けて発電機として使えるような気がします。ただしエンジンそのものの馬力は少し弱い気がしますので、あまり大きい負荷は難しいかもしれません。今後の拡張が楽しみです。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。