プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本鉄道模型ショウ2012

10月27日に大田区蒲田にある大田区産業プラザで今年の日本鉄道模型ショウが開催されました。10月は毎年いろいろな鉄道模型の展示会がおこなわれます。この展示会は比較的大きな規模の催しで、沢山流通している9mmゲージの模型だけではなくて32mmゲージの物等いろいろ普段見られない車両等も展示販売されていました。前に報告しました軽便鉄道模型祭とは違ってここでは実際に走っていた元国鉄の車両やレイアウトが主たるテーマでした。中古品を出展しているお店も多かったですね。掘り出し物も見つかる場所でもありました。その中から面白そうな物を紹介致しましょう。
日本鉄道模型ショウ入場券

その前に場外編を一つ。大田区産業プラザでは常設措置て今年度前半(4月から9月)に放映されたNHKテレビ小説の「梅ちゃん先生」で実際に撮影に使用された旋盤等を設置していました。番組の舞台は戦後間もない蒲田が舞台だった事にちなんでいるのでしょう。
DSC02336.jpeg

さて会場でひときわ目立つ特徴のあるレイアウトに沢山の人が釘付けになりました。それは単純に本物を縮小した物ではなくて模型でないと表現できない構造物等を作り上げた作品でした。作者の言を借りるとまず波動砲のような天にむかって何かを発射するような空想の建物を造り、その下を電車が走っている情景をと考えたそうです。下の写真はそのレイアウトの全景。
DSC02331.jpeg

特異な建物を撮った二枚の写真。大型クレーンのような物でもあり、建物の上にアンテナを張り巡らし、中央部分にエネルギーをためて光線や重力波を発射しそうな触手が2基備わっているという感じですね。スケールを実際の大きさに換算すると100メートル以上の大きな建物になります。全体的にはSFで出てくる用なオブジェクトですが、詳細のパーツを見ると実際にある鉄骨造りの構造物をあらわしている、という風な面白い作品でした。これは模型という範疇ではないのかもしれません。
DSC02329.jpeg  DSC02325.jpeg

もう一つはOゲージ(32mm)の旧国鉄車両の模型。全て真鍮モデルです。最初の写真はC62型の蒸気機関車。作者曰くかなりの部分を実際の装備にあわせたとの事。市販量産品では単純化するような所も丁寧に創り込んでいます。所謂一品ものですね。職人芸の最たる物で、お値段も相当張りますよ。
DSC02339.jpeg

次のモデルは大変珍しかった2両固定連結の電気機関車EH10。東海道・山陽本線で使用されたかも着けん引用の機関車です。8軸の動輪を持っていた(H)電気機関車(E)だったのでEH型と命名されました。
DSC02340.jpeg

最後の車両は流線型で一世風靡した幹線特急牽引用のEF58。電車特急の児玉等がデビューする前は特急「つばめ」等を颯爽と引っ張っていました。
DSC02341.jpeg

この他に真鍮モデルを制作するハンダ付けの教室の案内やらもっと大きいスケールゲージで動く電車等も展示されていました。毎年この時期が楽しみです。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント