プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型車両走行テスト用レイアウト


またまた電子工作の記事です。いろいろな車両を製作したり購入した時に気軽にその走行テストを行えるように簡単なレイアウトを作りました。Nゲージ(9mm)とZゲージ(6.5mm)の両方の車両をテストできるようにしました。
まずは試作でブレッドボードとArduino_UNOボードによるプログラム作成の様子です。机の上が実験室のようになっています。
Breadboard_based_Controller.jpg

一旦プログラムが完成するとArduinoボードやPCが必要なく、マイコンのATMega328Pのみで動作を行うことが可能です。信号ラインとしてはたった3本(Analog INPUT1本,ドライバー制御用の信号2本)を使用する構成です。したがってかなり回路が簡単になりました。ただマイコン、モータードライバIC駆動用のVcc=5Vの電圧供給とマイコンクロックの16MHzを発生させる水晶発振子を取り付けなくてはいけません。

汎用基板に組み込む回路図を示します。回路は全く基本的なもので、今後いろいろなコントローラに応用できるものです。外部からはスイッチングACアダプターでモーター駆動には6V−12Vまでの電圧を加えることができます。基盤内部では3端子レギュレータでマイコンとIC用電源5Vを作っています。
20150212_Testbed Speed Controller

このコントローラに使用したプログラムです。10KBのボリュームをマイコンのアナログ入力に接続しその値の中点を境目にして方向転換をさせるものです。マイコンからは2本の出力があり、それでモータードライバー用のICを制御します。アナログ出力をPWMの形でモーター駆動に使っています。
Testbed_Layout_TrainControl_Program.png

組み込んだ基盤の写真です。5V電圧が出力されている確認用のLEDをつけました。
IMG_1905.jpeg

動作を下記に示します、動画をご覧ください。ボリュームの回転によって静止、逆転、速度制御ができるようになっています。別途ゲージ切り替えようにスイッチを設けました。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。