プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルクリンインサイダークラブ(その2)

今日はメルクリンのインサイダークラブメンバー向けの車輌が入荷したので、カタログと一緒に代理店までとりにいきました。メルクリンの再生が決まったのでこれからの新製品の投入が楽しみです。
2010年2月18日→インサイダークラブに入りました。

2009年2月にメルクリンは英国の投資会社が資金を引き上げて経営破綻に陥っていましたが、債権者の銀行などがこのほど再生計画を承認、債権の一部放棄に同意したそうです。同社を救ったのは、自身も同社が製造する模型で遊んだという破産管財人だったようで、管財人は独紙に「これほど感慨深い破綻処理は初めて」と話しているそうです。このニュースの発表が昨年の12月25日。まさしくメルクリン支持者には格好のクリスマスプレゼントになったのですね。

さてカタログはz-Gauge, HO-Gauge, 1-Gaugeの3冊に別れています。少し中身の写真を掲げましょう。
画面をクリックすると大きな画面になります。

DSC01769.jpg
z-ゲージのカタログの表紙です。当時レイル・チェッペリンと言われたプロペラ推進の車輌です。
1931年6月21日に230Km/Hを記録しました。
BMWの12気筒600馬力の軽飛行機用のエンジンでプロペラを回転させて推進したようです。

DSC01760.jpg  DSC01761.jpg
ドイツ鉄道175周年記念の塗装をした電気機関車。左がカタログに載っている実車の写真。
右が模型車輌z-ゲージ版です。

DSC01764.jpg  DSC01768.jpg
カタログに載っているレイアウトの写真です。

DSC01770.jpg  DSC01771.jpg
こちらはHOゲージのカタログの表紙。ドイツ鉄道175周年の記念塗装の模型車輌が写っていますね。
HOはメルクリンのメインのプロダクツで種類も多く、16.5mmゲージでディジタル制御で運転できるなど模型とは思えぬ機能を持っています。右側の蒸気機関車はバイエルン公国鉄道(K.Bay.Sts B)の機関車です。精巧に作られており置物として飾っても値打ちがありそうです。

DSC01772.jpg  DSC01773.jpg
今から175年前の1835年12月7日、ドイツで鉄道が開通しました。南ドイツのニュルンベルクとフュルト間の7.5キロを蒸気機関車の「アドラー(鷲)号」が走りました。今年の175周年を記念してこの最初の列車がHOゲージと1番ゲージで模型化されました。

DSC01776.jpg  DSC01777.jpg
こちらはカタログではなくてドイツ版鉄道ジャーナルです。この号ではスイスの大手私鉄のベルン・レッチュベルク・シンプロン鉄道(BLS)の車輌が紹介されています。レッチェベルグベーストンネルの記事が掲載されていますね。


DSC01778.jpg  DSC01779.jpg  
特別塗装の電気機関車の実車と模型の写真です。


DSC01781.jpg  DSC01782.jpg
さてインサイダークラブメンバーには年に一度貨車が提供されます。左が2010年のz-ゲージ貨車ですね。
メルクリンはタンポ印刷の技術が進んでいて、1/220の縮尺でも顕微鏡を使わないと見えないような小さな字が綺麗に印刷されています。

右の写真は最近ガラスの飾り棚を購入したので、仮置して眺めている機関車達です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。