プロフィール

kazutabakun

Author:kazutabakun
好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持つタイプ。

最新記事
Amazon
時計
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
気に入ったら下記をクリックしてください。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

HDR写真をみながらの東京散策:永代橋近辺

寒い日が続きますが、永代橋近辺の情景の写真を撮ってきましたので見てください。

門前仲町から永代橋に向かって歩いていくと小さな運河がありそこに『おはる』というラーメン屋さんがあります。何でも地元では有名だとか。凝った味ではないようですがオーソドックスな味を保ち続けているようです。この河には屋形船の船宿などもあり、東京なのに静かに時が過ぎているような場所になっています。
IMG_0836modsHDR_convert_20110207235302.jpg

おはるさんから徒歩で数分のところにこれまた面白そうなお店。杉田船用品大正10年創業と書いています。なんやら倉庫がショールームの様子。玄関で、ボードに幾つかの船具を吊るして展示していますね。もう70年以上ここで営業している老舗ですね。
IMG_0848modsHDR_convert_20110207235200.jpg

隅田川テラスに出てみると眺望が開けます。魚眼で広く撮影してみました。隅田川を航行する屋形船とそれにすれ違う水上バス。浅草まで行くのでしょうね。左側には佃島と新川を繋ぐ中央大橋。左側には永代橋や日本IBM本社等が見えます。永代橋のたもとにあるビルは旧山一証券の本社があった建物。
IMG_0865modsHDR_convert_20110207235022.jpg

青いアーチをした美しい橋。永代橋です。江戸時代将軍綱吉の50歳を記念して隅田川に架けられたのがこの橋の歴史の始まりです。最初は木造の橋で今の橋より少し上流側に架かっていたとの事。元禄時代に本所にある吉良上野介の屋敷に討ち入った赤穂浪士が吉良を討取った後、浅野内匠頭が眠る泉岳寺に戻る途中にこの橋を渡ったと記録されているそうです。また同じ江戸時代富岡八幡の祭りの見物で橋が人の重みに耐えかねて崩壊し、多数の犠牲者を出したこともあります。現在の橋は大正15年に震災復興のシンボルとして建設され、そのデザインのモデルはドイツのライン川に架かっていたルーデンドルフ鉄橋橋(第二次大戦でドイツ軍と連合軍の進行の要になった所)だそうです。清洲橋、勝鬨橋とともに国の重要文化財になっています。夜はブルーのライティングが施され綺麗なアーチが大川端に浮かび上がります。
IMG_0867modsHDR_convert_20110207235414.jpg

永代橋を渡って右折すると隅田川に合流している日本橋川の最後の橋、豊海橋があります。トラス型ではなくて梯子を横のようにした構造でフィレンデール橋と呼ばれるそうです。永代橋とマッチするように設計されたとの事。その永代橋を背景にこの橋でよくドラマのロケ等を行っているようです。
IMG_0868Picture_convert_20110207235559.jpg

豊海橋から日本橋川の上流を眺めると何隻かの船が係留されています。警戒船も繋がれているようです。船のキャビンに洗濯物が干してあります。生活のにおいがしますね。遠く高速の高架がみえますが、この上流に日本の基準道標がある日本橋があります。
IMG_0878HDR_convert_20110207235637.jpg

この辺を昔は鉄砲洲と呼んだそうですが、そこに鉄砲洲稲荷神社があります。神社の鳥居の前に銀杏の木がありますが、今は葉っぱが全て落ちています。
IMG_0893modsHDR_convert_20110207235334.jpg

南高橋は都内で2番目に古い鉄鋼トラス橋で明治37年建設。元々は両国橋の中央部分だったそうで震災後被害の少なかった中央トラス部分をこの地に移設し南高橋としたそうです。ここでも豊海橋と同じく、ドラマのロケ等がよく行われます。
IMG_1084HDR_convert_20110209154302.jpg

路地にデコレーションを施したトラックが駐車していました。このような素材はHDR写真にとって最適なものです。ビールケースもなかなか味を出していますね。
IMG_0904HDR_convert_20110207235959.jpg

さて南高橋のすぐ下流には高潮からこの地域を守る亀島川水門があります。昨年の地理の地震時にはこの門が閉じられたそうです。
IMG_0905Picture_convert_20110207235524.jpg

この亀島川にも小型船舶が係留されていてその間を小型遊覧船が通っていきました。
IMG_1087HDR_convert_20110209154327.jpg

隅田川を水上バスが佃大橋方面に進んでいきます。大変のどかです。
IMG_1089HDR_convert_20110209154232.jpg

最後に見慣れないモニュメントのような建物が水門の近くにありますが、これは日本標準高度を示す観測所です。その周りをカモメが踊っていました。
IMG_1092HDR_convert_20110209154155.jpg


以上門前仲町を起点に永代橋、鍛冶橋通り、湊を経由して茅場町に戻る東京メトロの一駅散策でした。
撮影場所は下記の図を参照してください。
名称未設定_convert_20110209174254



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント